賢くリノベーションするコツ

リノベーションについての情報が満載

リノベーションに使える補助金~省エネリフォーム

リノベーションに使える補助金~省エネリフォーム リノベーションは古くなった住宅に新しい価値を加え、住みやすさを向上させることができますが、工事の規模が大きくなればなるほど費用がかさみます。
しかし公的な助成制度を利用すれば、費用の負担を抑えることも可能です。
環境保護や資源の有効活用を国民全体で取り組む必要があるという考えが広く行き渡っていることから、現在では国や多くの自治体が省エネリフォームに対する助成制度を設けています。
リノベーションを行う際も、このテーマに合致した工事が含まれていれば、費用の一部を補助金によって賄うことができます。
具体的な工事内容としては、国が主体となっているものでは断熱材や二重窓の設置などによる断熱性を向上させる工事、消費エネルギーと太陽光発電等による生産エネルギーを同等にするゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への改修、家庭用蓄電池の導入などがあります。
一方、自治体の中には雨水の再利用や節水型トイレの設置などに対して助成を行っているところがあります。

耐震リノベーションには補助金制度を活用しよう

耐震リノベーションには補助金制度を活用しよう 日本は地震が多い国であることは言うまでもありません。
ニュースで地震速報を見かけることも多いと思います。
また、歴史的にも定期的に巨大地震が発生する可能性が高く、多くの方がその事実を受け入れています。
しかし、マイホームの地震対策が万全かと言うと、そうでない方も多いのではないでしょうか。
耐震リノベーションには高額な費用がかかりますので、二の足を踏んでしまうことも仕方がないことです。
そのリノベーションにかかる費用は150万円ほどかかることが大半です。
そこで活用したいのが補助金制度と言えます。
条件はいろいろと設定されていますが、耐震工事を行うことで自治体によっては100万円の補助金が出るところがあります。
この制度を活用すれば、費用負担は大幅に削減できること間違いなしです。
実際に調べてみるとさまざまな制度があることに気がつくはずです。
活用できそうなものが見つかれば、問い合わせしてみることをおすすめします。

新着情報

◎2021/1/6

リノベーション物件のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

自治体個別の補助金
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

補助金~優良住宅化リフォーム
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「リノベーション 耐震」
に関連するツイート
Twitter

ビックり商品 47 東京スター銀行「スターセレクト住宅ローン」 50㎡未満のコンパクトマンションを購入価格100%の融資も、旧耐震構造のリノベーションマンションで購入価格100%かつ返済期間35年以内の融資も、OKだとか。 「大丈夫?」と、聞き返したくなります。

おはようございます😊 耐震リノベーション完成見学会を2/5(土)・6(日)に倉敷市にて開催します! 完全分離型の二世帯住宅、この機会にぜひご覧ください🍀

建替えかリノベーションかで悩まれてる方へ 考える重要ポイント4選 1.築年数 【築年度で耐震基準が違います】 2.劣化度合い 【環境なども関わってきます】 3.コスト 【上物以外の固定資産税や申請費用等も考慮する】 4.あと何年住む予定 【何歳の方が何人住む?】

地震は突然やってきますね 過去の調査結果を元に耐震等級の考え方をまとめました ぜひご参考に

👑工事中成約50%越え👑 【ARISE・リノベーション済み物件をいち早くお届け!】 ◆耐震補強工事実施済み!新耐震基準適合物件 ◇2.5帖のDENは書斎や収納スペースに👍 ◆2駅3路線利用可能でアクセス良好😆 交通:西武池袋線・桜台駅徒歩7分 間取り:2LDK+DEN(47.92㎡)

Copyrignt(c) 2020 賢くリノベーションするコツ All Rights Reserved.